​木村我塾

議論先導者:木村耕太郎(私立中高一貫校 社会科教員)

木村耕太郎(きむら こうたろう)

1979年、兵庫県生まれ 同志社大学経済学部卒業。その後、大阪の私立中高で社会科の教員として勤務。地理、歴史、公民の各分野を、「中高生でも理解できる経済学」を中心に紐解き、考察する授業を展開する。

未来の教育について
---------------------------------------------------

テクノロジーが発達し、私たちの環境や物事の捉え方も大きく変化しています。これから、さらにその変化の加速度は上がることが予想される中で、教育のカタチはどうあるべきなのでしょうか。新しい時代を担っていく子どもたちに身に付けさせるべき力、そして、具体的なその方法とは何か。「旧来型」の教育(私も受けてきた一般的な授業方法や内容)は、どんな目的で実施され、その成果はどうだったのか。旧来型の功罪を考察。今、そしてこれから求められる力を育むためには、どんな授業内容を、どのように展開するべきなのか。学校を含めた、教育の在り方を考察。

一般社団法人 未来思考学会

 

Copyright © 2019 Future Thinking Society All Rights Reserved.