​野村我塾

議論先導者:野村俊介(農園経営者 株式会社仙霊 代表)

野村 俊介(のむら しゅんすけ)

株式会社仙霊 代表。神戸出身1978年生まれ。姫路工業大学 修士課程2003年修了。2015年に、12年務めた医療機器の会社を退職し、就農を目指し竹田城で有名な兵庫県朝来市に移住。地元のお茶「朝来みどり」の農家である池本晃市氏より紹介を受け、継承者を募集していた兵庫県神河町の「仙霊茶」の茶園を知る。茶園の景観に一目惚れし、継承を決意。2年間の茶業の手伝いを経て、2018年春より神河町に移住し「株式会社仙霊」を立ち上げ茶園を継業した。

快楽について
---------------------------------------------------

人間には「快楽」が存在する。その感性、感覚は複雑で多岐にわたる。

美味しいものを食べる。美しいものを見る。心地よいものを触る。本を読む。音楽を聴く。お笑いを見る。赤ん坊を見る、触る。社会的成功を収める。無償で人の役に立つ。性的な嗜好に埋没する。

快楽とは何か?我々は快楽に強く支配されながら、快楽を支配し、時に減殺しようとする。

今回の我塾を通じて、「快楽」と社会について、快楽に基づいて生きて行くにはどうすれば良いのか、ヒントをもらえればと思っています。

一般社団法人 未来思考学会

 

Copyright © 2019 Future Thinking Society All Rights Reserved.