佐久間我塾

議論先導者: 佐久間 洋司(さくま ひろし)

佐久間 洋司(さくま ひろし)

大阪大学基礎工学部 学部学生。ムーンショット型研究開発事業 ミレニア・プログラム 科学技術による「人類の調和」検討チーム チームリーダー、大阪府・大阪市「大阪・関⻄万博におけるパビリオン等地元出展に関する有識者懇話会」委員、同バーチャル大阪館(仮称)等部会長ほか。大阪大学在学中に世界経済フォーラム Global Shapers Community に選出、孫正義育英財団 第2期生(正財団生)に認定される。大阪大学 第19回課外活動総長賞(阪大総長賞)特別賞、日本学生支援機構優秀学生顕彰 奨励賞などを受賞。2019年、NewsPicks Magazine「未来をつくる7人のUNDER30」に選出。

 

Turning Fiction into Reality: Harmony

---------------------------------------------------

私たちの意識は、現実を物語として紡ぐために存在するのだといいます。物語として残された遺伝子が、文章が、また誰かの物語へと引き継がれていくのだといいます。おそらく、私は先人の残した数々の物語を再生し、自分が再現できる形でなぞっているのだと思います。それらはどのような物語かと問われれば、叡智と調和についての物語だと応えます。物語には物語で返すように、芸術には芸術で返すようにとは言われておらず、私が実現しようとしているのはもっと具体的なシナリオです。現実から編纂された物語を再生したシナリオを、さらに現実のものにすることによって返そうという試みをしています。(中略)今回の我塾では、私の思い描くシナリオのなかでも、ムーンショット型研究開発事業のミレニア・プログラムにかかる内容について議論させていただきたいと思います。調和を現実化するということについて、皆様とお話させていただけることを心待ちにしています。.