​大橋我塾
議論先導者:大橋 奈菜(ピアノ演奏家)

大橋 奈菜(おおはし なな)

ピアノ演奏家。クラシック音楽の演奏活動、指導を行いながら、WEB制作会社でデザイン業務を行なっている。また、学生時代より音楽を学ぶ学生のためのフリーペーパーを発行しており、記事の企画制作を行う。大分県立芸術文化短期大学音楽科ピアノコース、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。 

大橋奈菜HP https://ohashi-nana-pf.com/about/    

フリーペーパー https://twitter.com/KMSbridge



感覚について〜削ぎ落とされた感覚と、研ぎ澄まされた感覚 大橋我塾第2回(2021/09/12)

---------------------------------------------------

私たちは日々、何かに急かされたように毎日を生き抜いていないだろうか。

世の中には「2倍速で聞くことのできる書物」「要約された映画」「面白いところだけを集めた動画」というような簡単に理解でき、スピードを重視したものが増えたように思う。

効率化によって得た時間と、残された体力。できることは増えたかもしれないが、「削ぎ落とされた感覚」はないだろうか。

小さなワークショップを交えて「感覚を研ぎ澄ます」体験をしたり、今一度大切にしたい感覚がないか、未来に残していきたい人間らしい感覚はないか考えたい。

 

価値とは何なのか? 大橋我塾第1回(2021/01/24)

---------------------------------------------------

「良い」ってなんでしょうか。「価値がある」とは何でしょうか。
このコロナ禍において、さまざまな価値が変化しました。
情報に溢れた現代において、「モノそのもの」の価値をどう決めていますか?Youtubeで再生回数が多いから?インフルエンサーが言っていたから?名誉ある人がそう言っていたから?需要があるから?
自分の中での「良い」という基準はどのように作り上げられ、「モノそのもの」だけを見て価値判断ができるのか、「音楽」を例にし、皆様と議論できたらと思います。