立花我塾
議論先導者: 立花達也(大阪大学 経営企画オフィス 特任助教) 

立花 達也(たちばな たつや)

2020年9月大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学.2021年2月に博士(文学)の学位取得.同年5月より現職.専門はスピノザを中心とした近世哲学史.最近は現代形而上学にも興味をもっている.

 

欲望とは何か

---------------------------------------------------

人は好きな食べ物や嫌いな人など,さまざまな好き嫌いをもっています.そうした好き嫌いは,あるものが欲しいという積極的な欲望,あるいはあるものを遠ざけたいという消極的な欲望として理解できるでしょう.そして,そうした欲望はしばしば,その人の個性を表現するものとして考えられています.しかし,欲望は実際のところ,あなた一人だけでもつことができるものではありません.好きな人が好きなものを自分も好きになる,なんてことは頻繁に起こりますし,「みんなが持ってるから私にも買って」と言って何かをねだった経験がみなさんにもきっとあると思います.とすると,欲望とは結局のところ,あなたが欲すると決めたものではなく,それゆえあなたの個性を表現してはいない,ということなのでしょうか.今回の議論では,そうした欲望にまつわる心理学者,哲学者たちの議論をふまえながら,欲望とその人の個性の関わりについて議論したいと考えています.